歩いて稼ぐ時代が来た!SweatCoinを始めたメリット5つ!

Sweatcoin 仮想通貨
スポンサーリンク
Pocket

この記事はこんな人たちの悩みを解決します!

「TwitterではSTEPNが流行っているけど、完全に乗り遅れた…」

「Sweatcoinなんて聞いたことないから怪しいのでは?」

「歩いて稼げるなんて夢のよう!だけど本当にこのSweatcoinアプリ大丈夫?」

みなさんは日頃、会社への通勤、学校への通学、スーパーへのお買い物、友人との会食などなど、日頃から多くの場所への移動を行っているかと思います。

さらに、その移動手段のほとんどが”歩き”が基本となっていますよね?

実は、その歩いている行為に価値がある時代に突入しているのです!!

その名も、「Sweatcoin(スウェットコイン)」という怪しげな名前ですが、汗をかいて稼ぐコインという意味なのでしょう!

他にもいままでならお金を払って行っていた行為に価値がつくようなことが多数存在しています。

下記はその代表例で、世界各国では 〇〇 to Earn(○○で稼ぐ)という言葉が広がっています。

Play to Earn ・・・ ゲームなどをプレイ稼ぐ(代表例:Axie Infinityなど)

Move to Earn ・・・ 動いて稼ぐ(代表例:STEPN、SweatCoinなど)

Sleep to Earn ・・・ 寝て稼ぐ(代表例:SLEPNなど)

その中でも簡単に始められる、Sweatcoin(スウェットコイン)のご紹介をしていきます!

ちなみにすでにSTEPNユーザーの方でもSweatcoin(スウェットコイン)併用可能なのでオススメです!

すで

すでに、Sweatcoin(スウェットコイン)始めてます!!って人は下記記事へ進んでください!

Sweatcoinを1週間プレイしてみてわかった5つの攻略法
この記事はSweatcoin(スウェットコイン)を始めた方に向けた記事になっています。 「Sweatcoin始めたけどSWCが貯まっていかない」 「Sweatcoinを効率的に稼ぐ方法ないのかな?」 「Sweatcoinの...

>>>仮想通貨を持っていないのでコインチェックで講座開設しておく

Sweatcoin(スウェットコイン)はリスクゼロで始められるサービス

Sweatcoin(スウェットコイン)の素晴らしいところは、初期投資なしで始められることが一番のオススメ理由です。

他のサービス(STEPNやAxie Infinityなど)は、数万円〜数十万円の初期投資が必要になるため、参入障壁が高く設定されています。

この初期投資は、そのサービスを始めるために必要なNFTの購入代金がほとんどになります。

NFTについてわからない人は下記過去記事で簡単にまとめているのでチェックしてください。

NFTって何?今さら聞けないNFTを5分で簡単解説!
どうもチケット(@ticket1192)です。 今回は、いま日本でもコアなファンの中で流行りつつある”NFT”について簡単に解説していきます。 まだ私も学んでいる最中ですので、誤り等ありましたらご指摘...

しかし、Sweatcoin(スウェットコイン)ではメールアドレスとスマートフォンがあればすぐにスタートできるため、NFTってなに?仮想通貨なんてもっていない!という人でも参加ができます。

>>>仮想通貨を持っていないのでコインチェックで講座開設しておく

Sweatcoin(スウェットコイン)始めるメリット5つ!

Sweatcoin(スウェットコイン)を今すぐ始めるべきメリットは下記の5つです。

Sweatcoin(スウェットコイン)を始めるべき5つの理由

①初期投資ゼロで参加可能

②世界中では6,300万人以上がすでに利用している有名アプリ

③2022年9月13日に配布しているコインが上場予定

④スポンサー企業もしっかりとした会社である

⑤毎日の歩数を意識して生活するようになり、健康維持が高まる!

初期投資ゼロで参加可能

上記でも説明しましたが、他の類似サービスでは多額の初期投資がかかりますが、Sweatcoin(スウェットコイン)に関しては、スマートフォンとメールアドレスで参加可能です。

「Move to Eranには興味はあるけど、数十万円の初期投資を回収できるか不安」

「副業を始めてみたいけど、ブログやせどり以外で手軽に始められるものはないか?」

こんな人にはSweatcoin(スウェットコイン)がぴったりなのではないでしょうか。

2022年4月現在、日本ではSTEPNがTwitter上などで非常に人気になっており、1日で数万円を稼ぐ人も出てきています。

しかし、このような人々は早々に初期投資をしていて、初期投資分も回収しているからこそ、そのような発信ができています。

また、STEPNだけに投資をしているわけではなく、NFTや仮想通貨に非常に詳しい人々がリスクを背負って実証してくれているようなものです。

私も含めて、なかなかリスクを背負ってMove to Eranを始められていない人も多いと思います。

稼げる金額はSTEPNほどにはならないかと思いますが、まずはこのようなモノに触れてみることが大切なのではないでしょうか。

その点、Sweatcoin(スウェットコイン)なら原価回収を気にする必要もなく、靴を何種類も購入する手間も必要ありません。リスクゼロで始められることは多くの人にメリットしかないでしょう!!

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

世界中では6,300万人以上がすでに利用している有名アプリ

日本では、Sweatcoin(スウェットコイン)という名前自体が聞き慣れないと思います。

しかし、世界では6,300万人以上のユーザーがいる超有名アプリだったんです!!

日本国内のSNSユーザーが約8,000万人といわれていることから、ほぼ同等のユーザー数がいることがわかります。

世界的にも有名アプリであり、世界30カ国以上でナンバーワンアプリにも選ばれた実績があるようです!

ちなみにイギリス発祥のフィットネスアプリで、ロンドンの起業家であるOleg Fomenkoと
AntonDerlyyatkaによって開発されたアプリのようです。

STEPNが日本で流行っていることから、Sweatcoin(スウェットコイン)も日本市場にも注目をして、日本語対応などをし始めたんだと思います。

ちなみにAppleストアでの評価は、20万件以上のレビューがすでについており【4.6】と非常に高い評価も得ています。

GooglePlayでも同様に高評価を獲得しており、36万件以上のレビューで【4.5】の評価を取っています。

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

2022年9月13日に配布しているコインが上場予定

実は現時点では、Sweatcoin(スウェットコイン)でのMove to Eranは成立していません。

それは、今のところSweatcoin(スウェットコイン)はまだ、アプリ内で使えるトークンのみの配布になっており、お金に換金することはできません。(1SWCの価格が決定していない!)

しかし、2022年9月13日に正式にSWEATが上場(1SWCの価格が決定!)する予定となっており、アプリ内トークンとSWEATが交換することが現実となっています。

1SWEATの価格がいくらになるのか、いまから楽しみが増えますね!

さらに筆者の勝手な想像ではありますが、早期ユーザーにはAirdropなどで多めのコイン配布などがNFTや仮想通貨市場では当たり前になりつつあるので、今から始めておくことにも意味がありそうです!

ちなみに、SweatWalletというアプリがリリースされています。こちらのインストールとSweatcoinアプリとの連携が必要になってきますので、まだSweatWalletをインストールしていない方は、早めに連携しておきましょう!!

上場時に連携されていない場合は、せっかくいままで貯めたSweatcoinが貰えない可能性があります。ちなみに、今回SWCの配布がありますが、いままで貯めたSweatcoinと同量がもらえるため、アプリ内のSweatcoinは減らないようです!!

必ず連携させておきましょう!!!

‎Sweat Wallet
‎The original Move to Earn. Earn crypto for your steps. *** The Sweat Wallet App is your entry point to Sweat Economy. From the app, you can manage and earn S...

今後は日本円や他の仮想通貨に換金できる可能性もあるので、この機会に仮想通貨に触れたことがない方は下記記事を参考に仮想通貨に触れておくことをオススメします。

【2022年】仮想通貨(暗号資産)の今後を見て、購入するべき3つの理由!
仮想通貨っていつ購入したらいいの?仮想通貨の価値って上がるの?仮想通貨ってどこで購入すればいいの?この記事では、そんな悩みを簡単に解決できます。
貯金できない人が、仮想通貨で積み立てる3つの理由
「仮想通貨って意味わからんから怖くて買えない」 「そもそも貯金すらないから仮想通貨とか意味不明www」 「仮想通貨は乱高下激しいから、銀行預金の方がよくない?」 どうもチケット(@ticket1...

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

>>>仮想通貨を持っていないのでコインチェックで講座開設してみる

スポンサー企業もしっかりとした会社である

Sweatcoin(スウェットコイン)を支援している企業がしっかりした企業なのか?

このような怪しそうなサービスを始める上では気になる部分だと思います。

そこで、スポンサー企業も調べてみました。

Sweatcoinスポンサー企業

出典:SweatEconomy公式サイト

Sweatcoin(スウェットコイン)の公式サイトに、上記のOur investors(投資家のみなさま)という紹介がありました。

記載されている企業だけでも9社も投資している企業があります。

Sweatcoinが怪しいサービスであれば、9社もの会社が投資すると思いますか?

例えば、Blockdream Venturesは最先端の技術(DeFi、WEB3.0、NFT、Metaverse)などに特化した投資ファンド会社。

このように最先端の技術の投資ファンドが支援していることも、期待を膨らませる要因の一つになるでしょう。

知っているような企業名はないかもしれませんが、Electric Capital、Spartan Capital、Jump Cryptoなど、web3に特化したVCも出資しており、プロ目線でもSweatcoin(スウェットコイン)は有望プロジェクトだと感じさせてくれます。

更には、すでにマネタイズがしっかりされており収益化されているとの情報もあります。確かに、デイリーアワードというボーナス機能では、広告を視聴することがありますので広告収入は大きなコイン配布の収入源になっているでしょう。

また、プレミアム会員制度もすでに確立されています。プレミアム会員は、貰える報酬が2倍になる制度であり、iPhoneの場合年会費2,700円、Androidの場合年会費3,880円での加入が可能です。iPhoneとAndroidで年会費が違う理由は不明です…

ちなみにすでに6,000万人以上が参加していることがわかっています。もし、1%の人がプレミアム会員になっている場合、16億円以上もの収益がすでに発生していることがわかるかと思います。

この点も安心してSweatcoin(スウェットコイン)を始める判断材料になるのではないでしょうか?

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

毎日の歩数を意識して生活するようになり、健康維持が高まる!

あなたは毎日何歩歩いているか、わかりますか?多分この質問にすぐに答えられる人は少ないでしょう…

コロナウィルスが蔓延して在宅ワークなどが普及した今、運動不足は世界的にも大きな課題になっています。

毎日の運動意識向上には、長い目で見ても自身への投資にもなると思います。

健康でなければ、いくらお金があっても、時間があっても、素晴らしい人生とは言えないのではないでしょうか?

自身の運動意識向上のきっかけに、このSweatcoin(スウェットコイン)がきっかけになれば筆者も記事を書いたかいがあります!

ちなみに、友達との歩数共有という機能も充実しています。

あの人は今日何歩あるいているのかな?昨日は負けたけど、今日は歩数で勝っている!などなど…

歩数を意識して生活することによって、自身への健康意識が上がっていくでしょう!

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

SweatCoinの将来性

こちらの情報は2022年7月初旬の情報になりますので、確実性はありません。

しかし、多くのメディアやSNSなどでも知られていることをまとめてみました。

2022年9月13日に「$SWEAT」が上場予定

こちらは始めるメリットにも記載していますが、始めるか迷っている方には素晴らしい判断材料の一つだと思います。

上場するということは、トークン(コイン)に価値が付くということ。社会的にも、このトークンに信頼性が出ている証拠となるので、非常に期待できるポイントです!

ちなみに、仮想通貨の口座開設を持っていないと換金できないので、とりあえずコインチェックあたりで口座開設しておくことをオススメします!

>>>仮想通貨を持っていないのでコインチェックで講座開設しておく

他の運動にもトークン(コイン)付与予定

現在、このSweatcoin(スウェットコイン)は歩く・走るという行為に対して、コインが貰えているシステムになっています。

しかし、今後はサイクリング・スイミング・トレーニング(筋トレ)などの汗をかくことに対して、コインが貰えるようになる予定とのことです。

どのようにコインの判断をしていくかが問題なのでしょうが、AppleWatchなどとすでに連携できていることから、ウェアラブル端末経由が濃厚なのかな?と筆者は予想しています。

すでにマネタイズモデルが確立している

こちらもSweatcoin(スウェットコイン)を始めるかために、非常に重要な点になってきます。

せっかく始めたのに、半年後にサービスが終了してしまった… なんて話が多く存在しています。

しかし、Sweatcoin(スウェットコイン)は2016年からスタートしているサービスであり、すでにマネタイズ(収益化)もしっかり行えているため、今後も長く愛用できるアプリとなってくるでしょう。

ちなみにマネタイズは、広告収入とプレミアム会員収入の2つが予想できます。

広告収入では、デイリーアワードでの広告表示により、広告を見ることによってコインがランダムで貰える制度です。こちらの素晴らしい点は、見なくてもSweatcoin(スウェットコイン)をプレイできる点ではないでしょうか?

広告表示が嫌いな人は、無理して広告を見る必要がない点はユーザー目線からしても素晴らしい点だと思います。

プレミアム会員収入では、年会費の課金制度になっています。年会費2,700円でプレミアム会員になることにより、歩いて付与されるコインが2倍になる特典があります。

もちろんこちらも選択制ですので、より多くのコインを稼ぎたい人に向けたサービスとなっており、強制加入はありません。

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

将来的にはインフレを起こしていく

これどういう意味なのか?実は現在は1,000歩歩けば、1SWCが付与される仕組みになっています。

しかしすでに発表がありましたが、2023年からは2,100歩で1SWCが貰えるようになります。

つまり、2023年は1SWCの価値が2.1倍になっていくことがすでに確定しているのです。

だいぶ先ですが、2032年には45,200歩で1SWCになるロードマップがツイートされているので、1SWCの価値は今の45倍に膨れ上がる可能性を秘めています!!

これは1日も早く始めたほうが得になることは間違いなさそうですね!

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

まとめ

新しい時代に突入しました。歩いて稼げるなんて、誰が想像していたのでしょうか?

今回の記事を読まれた方は、Sweatcoin(スウェットコイン)に少しでも興味・希望を持てたのではないでしょうか。

初期投資がありませんので、少しでも気になったのであれば始めるべきだと思います。

Sweatcoin(スウェットコイン)は今後期待できる素晴らしいサービスです。

コインの上場前では、歩いてもらえるトークンはアプリ内でアマゾンギフト券やNetflixの1ヶ月間の視聴サービスへの交換など、すぐに換金はできないものの、交換するサービスなどは出ています。

コインの上場は2022年9月13日とされていますが、今から初めておいてデメリットはないでしょう。

常にスマートフォンを持ち歩いて移動する時代。

どうせ移動して歩いているのであれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎも意識してみることによって、見えてくる世界が変わってくるのではないでしょうか?

仮想通貨やNFTにふれるきっかけにもなると思うので、是非この機会にはじめてみましょう!

すでにSweatcoinを始められている方は以下の記事も参考にしてみてください。

Sweatcoinを1週間プレイしてみてわかった5つの攻略法
この記事はSweatcoin(スウェットコイン)を始めた方に向けた記事になっています。 「Sweatcoin始めたけどSWCが貯まっていかない」 「Sweatcoinを効率的に稼ぐ方法ないのかな?」 「Sweatcoinの...

では、また!

>>>Sweatcoinアプリをダウンロードしてはじめてみる

>>>仮想通貨を持っていないのでコインチェックで講座開設しておく

チケブログ人気記事

歩いて稼ぐ時代が来た!SweatCoinを始めたメリット5つ!
この記事はこんな人たちの悩みを解決します! 「TwitterではSTEPNが流行っているけど、完全に乗り遅れた…」 「Sweatcoinなんて聞いたことないから怪しいのでは?」 「歩いて稼げるなんて夢のよう!だけど本当にこ...
【超簡単】1分でAIに絵を描かせるMidjourneyの使い方
みなさんこんにちは!チケット(@ticket1192)です。 「上手な絵を書きたいけど、自分にはそんな才能がない…」 「絵を書く練習はしてるのに上達しない…」 「絵を上手く書ける人はほんの一握りの人だ!」 私もこんな...
貯金できない人が、仮想通貨で積み立てる3つの理由
「仮想通貨って意味わからんから怖くて買えない」 「そもそも貯金すらないから仮想通貨とか意味不明www」 「仮想通貨は乱高下激しいから、銀行預金の方がよくない?」 どうもチケット(@ticket1...
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました