話題のNFTを無料で入手する方法!Giveawayとは?

仮想通貨
スポンサーリンク
Pocket

こんにちはチケット(@ticket1192)です。

「NFTに知識は付いてきたと思っているけど、手に入れてみたい」

「NFTアートが高額すぎるけど、懸賞みたいなのないの?」

「NFTアートを安価で入手する方法が知りたい!」

さて今回の記事はこのような悩みを解決できますよ!

この記事を読んで、あなたもNFTをゲットしましょう!

NFTについての基礎知識が知りたい方は、下記記事にて解説しています。

NFTって何?今さら聞けないNFTを5分で簡単解説!
どうもチケット(@ticket1192)です。 今回は、いま日本でもコアなファンの中で流行りつつある”NFT”について簡単に解説していきます。 まだ私も学んでいる最中ですので、誤り等ありましたらご指摘...

NFTを保有するには?

まずNFTを自身で保有するには、ウォレットといういわゆるお財布が必要になります。

一般的にはMetaMaskが有名ですので、MetaMaskをPCにインストールしておけば問題ないでしょう。

MetaMaskの入手方法については、下記記事にて解説していますので、まだMetaMaskを持っていない方は無料で5分程度で入手できますので、取っておきましょう。

MetaMaskってどうやって使うの?仮想通貨のお財布を持つ方法!
NFTを購入する上で、MetaMaskを持っていないとイーサリアムをOpenSeaで使用できません!そもそも「NFT」ってなに?という方は、下記記事を参考にしてください。MetaMaskとは、ウォレットと呼ばれ...

このMetaMaskにはウォレットアドレスという42桁の英数字の羅列が割り当てられます。

こちらは覚える必要はありませんが、NFTを入手する上では必要なアドレスになります。

ウォレットアドレスの確認方法は下記のとおりです。

①MetaMaskのインストールができていると、GoogleChromeの左上にキツネマークが出現しているのでクリック

②ウォレット状況が確認できるので、上部のアカウント名の部分をクリックすることでアドレスのコピーが完了

これでNFTを所有する準備は完了です!

NFTのGiveawayに応募してみよう!

NFTを無料で入手するには、NFTのGiveaway(Airdrop)に応募することが一番の近道だと思います。

NFTのGiveawayとは、NFTのプレゼント企画のようなもので、自身のNFTを広める一環として利用されることが多い企画になります。

簡単に売れるNFTアートを作ることは困難ですので、このようにGiveaway企画を通して多くの人に認知させることが目的とされています。

NFTをまずは手に入れてみたい!という人は、この企画に乗っかるのがNFTに触れるきっかけになるでしょう。

Giveaway企画は主にTwitter上で行われていることが多く、Giveawayする条件として、自身のアカウントのフォロー+リツイート+いいね!をすることが条件になっていることが多いです。

とくにリツイートによって、そのアーティストの認知度が大きく広がります。

以下は私が参加したGiveaway企画のツイートです。

今回紹介させていただいたCryptoFelter | nft.eth(@221_door)さんは、私の保有しているNFTのPartySheepClubと自身のCryptoFelterのコラボNFTをGiveaway企画していただきました!

CryptoFelterの温かみにPartySheepClubのオシャレさが見事にマッチしていて…これはほしい!!と即座に思いましたので、応募!

ちなみにCryptoFelterのコレクションはこんな感じで、アイコンのタッチがフェルト生地でつくられたような温かみのあるNFTコレクション!

>>>CryptoFelterのOpenSeaページに行ってみる!

こちらの応募条件には、3名のアカウントフォロー、リツイートといいね、コメント欄に自身のMetaMaskアドレスの記載が条件となっています。

上記3つの行えば応募完了となりますので、あとはワクワクしながら結果を待つばかり。

NFTのGiveaway企画に当選したら!?

じつはこの例に出させて頂いた企画にチケット自身が当選しちゃったんです!

いやぁ〜普通に嬉しくって、いまはTwitterのアイコンにもしちゃっていますwww

このように当選すると、企画者がメンション付きのツイートを行ってくれるパターンが多いようです。

違うパターンとしては、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)で当選の案内を行うパターンもあるようですが、そのパターンでは当選したことはありません。

当選がわかったら、自身のウォレットにNFTが入っていることを確認しましょう!

確認するためにはOpenSeaへのアクセスが必要となります。

この時点でOpenSeaについてわからない方は、下記記事でOpenSeaへの登録方法を紹介しています。

OpenSeaってどうやって使うの?OpenSeaの登録・使用方法を解説!
今話題のNFTを購入したいけど、どこから買えばいいの?そもそも「NFT」ってなに?って方は、下記記事を参考にしてください。答えは「OpenSea」です!ではまず、OpenSeaの登録方法をわかりやすく、...

では早速自身のOpenSeaでGiveaway企画NFTを確認してみましょう!

あれ?いつものコレクションにはNFTが入っていない!というパターンがあります。

コレクションに入っていない場合は以下の手順でコレクションに加えてあげましょう!

①赤枠の「Hidden」をクリック

②Giveawayで当選したNFTがあることを確認します。

③コレクションに加えたいNFT左下の「・・・」をクリックして「Unhide」を選択します。

④移動させたいNFTにチェックが入っていることを確認して、右下の「Unhide」を選択します。

⑤右下に「1 item was unhidden from your profile」が表示されれば完了です。

⑥実際にコレクションを選択して移動されていることを確認しておきましょう!

これであなたもNFT保有者になることができました!!おめでとうございます!!

Giveaway企画を探すには?

では実際にこのGiveaway企画に応募するためにはどこで探せばいいのでしょうか?

これはTwitter一択になると思います。

クリエイター目線に立った時、拡散力や利用者数、海外との共通プラットフォームを考えるとTwitterが一番であると思います。

Twitterでの検索方法としてはハッシュタグの利用が一番はやいでしょう。

Giveaway企画では、多くの場合に「#NFTGiveaway」のハッシュタグを利用している場合が多く散見されます。

Twitterのキーワード検索欄に「#NFTGiveaway」を入力して自身の応募してみたい企画を探してみましょう!

今回紹介した企画は3名の当選者がありましたが、しっかり探せば応募者全員配布企画も珍しくはありません。

英語表記なども多かったり、詐欺のきっかけになる可能性もありますので、やたらめったに応募することはオススメできませんが、しっかりアカウントを見極めてから応募してみまましょう!

応募しなければ当選はありえませんかね!

まとめ

今回はNFTを無料で入手する方法として、NFTのGiveaway企画について説明しました。

NFTは今後の世界を引っ張る技術になることは間違いないと思っています。

まだまだ認知度は低いですが、この認知度が低いうちから情報収取やNFTに触れていることで、NFTが身近になったときに大きなアドバンテージが出てくると信じています。

ぜひこの記事を参考に、NFTのGiveaway企画への応募する!という一歩を踏み出してもらえたら嬉しいです!

では、また

チケブログ人気記事

歩いて稼ぐ時代が来た!SweatCoinを始めたメリット5つ!
この記事はこんな人たちの悩みを解決します! 「TwitterではSTEPNが流行っているけど、完全に乗り遅れた…」 「Sweatcoinなんて聞いたことないから怪しいのでは?」 「歩いて稼げるなんて夢のよう!だけど本当にこ...
【超簡単】1分でAIに絵を描かせるMidjourneyの使い方
みなさんこんにちは!チケット(@ticket1192)です。 「上手な絵を書きたいけど、自分にはそんな才能がない…」 「絵を書く練習はしてるのに上達しない…」 「絵を上手く書ける人はほんの一握りの人だ!」 私もこんな...
貯金できない人が、仮想通貨で積み立てる3つの理由
「仮想通貨って意味わからんから怖くて買えない」 「そもそも貯金すらないから仮想通貨とか意味不明www」 「仮想通貨は乱高下激しいから、銀行預金の方がよくない?」 どうもチケット(@ticket1...
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました