話題のAllbirds(オールバーズ)!気になる履き心地やサイズ感は?

Lifehack
スポンサーリンク
Pocket

チケット
チケット

こんにちは!チケット(@ticket1192)です。

Allbirds(オールバーズ)って知っている?

めっちゃ履きよくて、お出かけが最高になったんだけど!

あー、聞いたことあるけど、実際どうなの?

履いている人見たことないわ!

海外のメーカーだから、サイズ感とかわからないし…

ということで、今回は話題のAllbirds(オールバーズ)の靴について紹介していこうと思います!

本当に履き心地がいいの?海外のメーカーだからサイズ感はどんな感じ?と購入を考えてはいるが、迷われる方々も多いと思います。

そんな悩みを一発で解決していきます!

Allbirds ツリーランナー

Allbirds(オールバーズ)って、どんな靴を作っているの?

一言で言うと「シンプルで環境配慮」にこだわって作られた靴!

ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオも履き心地や環境面に共感し、出資していることで有名になったAllbirds。

話題が話題を呼び、販売開始2年間で時価総額が14億ドルのユニコーン企業になったことでも有名になりました。

会社を作ったのは、元サッカー選手でニュージーランドのキャプテンも務めたこともあるティム・ブラウン(Tim Brown)。

サッカー選手時代にスポンサー企業から提供されるシューズのデザインが気に入っておらず、自分で靴を作りたい!という思いのもと、クラウドファンディングで資金を集めて作ったそうです。

Allbirdsのブランディングとして大きく2点のポイントがあげられる。

  • デザインはシンプル一択
  • 徹底的に環境面に配慮する

冒頭にも記載したとおり、会社を立ち上げたティム・ブラウンはスポンサー企業から提供されるシューズデザインが気に入っていなかった。

彼は派手な色使いやブランドロゴを好まなかったという。

そのため、Allbirdsはシンプルを極めたデザインとなっている。

シューズには色づかいから、線やロゴデザインまで、何もかもがシンプルに作られている。

Allbirdsのロゴマークでさえ、よく見れば書いてあるな!と気づく程度。

私もシンプルなデザインが元々好きだったため、このデザインに惚れ込んでいる部分もあります。

2点目が「徹底的に環境面に配慮している」という点。

靴の素材には、メリノウール・ユーカリを使用して作られており、従来の合成素材よりも6割程度も低いエネルギーで生産可能だという。

また、2本の靴紐はペットボトル1本から作られていたり、靴の中のソールにブラジル産のサトウキビを使って作られているという。

私は、靴のデザインからAllbirdsを気に入ったが、あとからこの環境面に配慮されて作られている部分にすごく感銘を受けました。

靴以外にも、靴の箱の90%がリサイクルされたダンボールを使用していたり、カーボンフットプリント排出量を公開していたりと、製品以外の部分でのこだわりもかなり感じられるのではないでしょうか?

Allbirds 同封案内より

気になる履き心地は?

一言で言うと「最高に気持ち!」ということ。

本当にオススメしたい靴って存在するんだな?と思いました。

私はそれまで「靴」というものにこだわりもなく、シンプルで白い靴ならある程度なんでもいい!という感覚で靴を選んでました。

アディダス スタン・スミス(引用:アディダス公式サイトより)
アディダス スタン・スミス(引用:アディダス公式サイトより)

いままで履いていた靴は、アディダスのスタン・スミスという靴。

こちらも見た目がシンプルで、デザインは気に入っていたのですが、履き心地には満足していませんでした。

生地が固く、履きなれるまでは少し痛い部分もあったり、合皮のせいなのか、足も蒸れる印象でした。

しかし、Allbirdsは生地も柔らかく、通気性も抜群であるため、スタン・スミスの不満点を一気に解消してくれました!

また、もう一つのメリットとして、素足でも履くことが可能!という点。

このような暑くなった季節では、サンダルなどの蒸れない靴を選択していることも多かったのですが、このAllbirdsは素足でも全く問題なく履くことができます。

むしろ、この素足で履く感覚が気持ちよすぎてクセになるほど!

いまでは、ちょっとしたお出かけでも、サンダルではなく、このAllbirdsで気持ちよくお出かけしてます。

購入時のサイズは日本の基準でいいの?

日本の基準と同様でOKだと思います。Allbirdsの公式サイトを見てみると、整数刻みでのサイズしかなく、26.5や27.5などのサイズは存在しません。

ちなみに私の足のサイズは26.5であり、上記でも紹介したスタン・スミスは26.5のサイズを履いていました。

Allbirdsサイズ表(引用:Allbirds公式サイトより)
Allbirdsサイズ表(引用:Allbirds公式サイトより)

店頭での試着が一番オススメですが、東京にしか店舗がないことから、少し小さめの26サイズをオンラインで注文。

結果は大正解!

素材からしても、すこし伸びそうだな?と予想しており、少し小さめサイズが足にかなりフィットしてくれます。

また、店頭購入・オンライン購入に限らず、30日間は無料で返品・交換が可能!

オンラインでの送料も負担してくれるのはかなりありがたいポイント!

この機会に一度試して、数日履いて足に合わないな?と感じたら返品してもOK、サイズ変更してもOK、シューズの種類を変更してもOKです。

ちなみに私の両親にもオススメして、現在Allbirdsを履いています。

父親は当初「ウールランナー」を購入。

しかし、このように熱くなってきたことから「ツリーランナー」に交換してもらったそうです。

洗濯機でも洗える靴ってホント?

このAllbirdsの忘れては行けないポイントとして、シューズを洗濯機で丸洗いできるという点!

靴を洗うのって正直面倒で、最後に靴洗ったのっていつだろう?そんな方々は少なくないはず!

Allbirdsは、ソールと靴紐は取る必要がありますが、ソールと靴紐を取ってからそのまま洗濯機で洗えるのは非常に嬉しいポイント!

けど、ホントにキレイになるの?と思う人もいるかと思いますが、白い靴なら新品に戻る勢いです。

洗ったあともしっかり感想させれば、変なシワが寄ったり、靴が縮んだり、という考えられる点は問題なくクリア!

まだ、一度しか洗っていないので耐久性については長い年月をかけて検証しなければなりません。

しかし、このように洗ってキレイになることで、汚くなったら買い換える!というサイクルが非常に長くなるので、意外とお財布にも優しい靴なのではないでしょうか?

※追記 Allbirdsの洗い方動画

先日、Twitterへこのブログを紹介した際に、Allbirdsの公式Twitterアカウント(@Allbirdsjapan)様よりご紹介いただきました!

ありがとうございます。(うれしぃ〜♪)

その際にAllbirdsの洗い方のリンクを頂きましたので追記させていただきます。ご参考にしてください。

Clean Your Allbirds | オールバーズ スニーカーの洗い方
Clean Your Allbirds | オールバーズ スニーカーの洗い方

まとめ

Allbirdsのポイントは5つ!

  • デザインがシンプルでおしゃれ!
  • 環境面に配慮されており、地球に優しい
  • 素足でも履ける履き心地で最高!
  • 洗濯機でも丸洗い可能なため、メンテナンスが楽!
  • 洗ったあとに新品に戻るので、お財布にも優しい!

以上がAllbirdsのオススメポイントになります。百聞は一見に如かず!まずは履いてみる!という行動から起こしましょう!

では、また!

Allbirds Japan
メリノウール、ユーカリの繊維、サトウキビと言った自然素材を使い、オールバーズはサステイナブルで快適なシューズを開発しました。
Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました